ワキガ 対策 お酢

お酢ってワキガの改善に役立つの?

ワキガに効くお酢

 

以前にワキガを自宅で改善する方法という事でいくつかご紹介していますが、ネット上でも色々と検索してみると実にたくさんのワキガ改善法がある事に気づきます。でも、中には本当なのかな?と思うような方法も出てきます。お酢を使ってワキガの解消に役立てるという方法もその一つですね。

 

 

中には、本当にお酢でワキガの改善に役立つのかな?と疑問を持っているユーザーの方もいるかもしれませんね。そこで、今回はお酢を使ってワキガを解消する方法について掘り下げて考えてみたいと思います。お酢と言うと、どんな事を想像しますか?中にはクエン酸のあのツーンとしたニオイを想像する人もいるかもしれませんね。

 

 

お酢とワキガのニオイが混ざったら更に強烈な匂いになりそうな気がしますが、クエン酸がどのようにワキガの改善に役立つを見ていきましょう。

 

 

クエン酸には二つの重要な働きがある

クエン酸

 

 

当サイトでは、何回か説明してきていますが、ワキガを発症させる基本的な原因というのは、アポクリン腺から出る汗と、ワキガ菌と呼ばれる雑菌が引っ付いて菌が増える事により、ワキガの強烈なニオイを発生させるメカニズムをお伝えしています。

 

 

ですから、極端な話、ワキガのニオイを発生させない為には、ワキガ菌を減らす事、若しくはアポクリン腺からの汗の量を減らす事。このどちらかが出来ればワキガの匂いは発生しない訳です。そしてクエン酸には、この両方の作用があることが研究で分かっています。

 

 

つまり雑菌をなくすか、アポクリン腺からの汗成分を減らすことが重要になります。そして、この二つの機能をクエン酸は持っているんです。クエン酸を体に摂取すると、筋肉疲労が貯まると発生する乳酸が体の中に発生しずらくなります。乳酸が体に溜まりすぎると、疲労感が増します。夏であれば夏バテなどの症状を引き起こします。

 

 

人間の体は疲れが溜まりすぎると、酸っぱいものを欲するようになります。それこそ正しく体そのものが体の中に溜まった乳酸を分解したい為にクエン酸を求めているのです。クエン酸を体に摂取すると乳酸の発生を抑える事が出来ます。また、その他の効果としてアポクリン腺から出る汗の成分を変化させ、サラサラした綺麗な成分の汗に変化させる事が出来るのです。

 

 

出る汗の成分を変化させる事によって、ワキガのニオイの発生を防ぐ事が出来るという訳なんですね。かと言ってそれほど大量のクエン酸を摂取する必要はありません。一日に大さじ一杯程度飲むだけで十分です。また、代替え品として梅干しや柑橘類などの果物などを摂取する事でも同様の成分を体の中に摂取する事が出来ます。

 

 

消毒効果もあるお酢の成分

 

お酢には強い殺菌力があることをご存じでしょうか。これは日本人が昔からお弁当に梅干を入れている事からも分かりますね。夏の暑い時期でもあっても、酢飯にしておく、あるいはご飯の上に梅干を一つ置いておく、それだけで夏場でも保存力を高める事が出来ます。カビの発生を抑え、腐る事も防ぐことが出来ますね。

 

 

つまり防菌、防かび効果がとても高い食品なのです。そうは言っても体に直接お酢を塗れば、肌には刺激が強すぎます。ですから、お風呂のお酢やクエン酸を入れて入浴する訳なんですね。

 

自分で出来るワキガ対策

 

浴槽にはコップ1杯程度の酢が適量となります。ただしこの方法の効果は強いものではないので、酢の効果を十分利用したデオドラントクリームなどの併用もいいかも知れません。

 

ワキガのニオイを消すならクリアネオかデオシークがおすすめ!

           クリアネオ
クリアネオ

殺菌成分と制汗成分をW配合して臭いをシャットアウト。わきがの原因である菌と汗をしっかりと抑えてくれるワキガクリーム。ニオイケア商品No.1商品

           デオシーク
デオシーク

制汗、抑臭、殺菌のトリプルステップでデオドラント効果を徹底。保湿成分を配合する事により、お肌の乾燥を防ぎ、しっかり潤うスキンケアを実現。

 

両方とも全額返金保証があるので、市販薬で迷った時は是非試してみて下さいね。

 

トップページに戻る

page top