わきが 発症 時期

ワキガっていつ発症するの?また遺伝との関係性はどうなっている?

ワキガ 遺伝

 

ワキガ体質の人ってワキガっていつ発症するのか気になると思います。同じワキガでも、両親のどちらかがワキガ、あるいは両親共にワキガであるなら発症する確率は80%以上の高確率でワキガになるというデータもあります。また、両親が共にワキガでない場合、後天的にワキガが発症する場合はいつ頃に発症するのかについてお伝えしていきますね。

 

 

遺伝の場合

 

両親がワキガの場合は、高い確率でワキガ体質が遺伝します。片親がワキガの場合は、子供に発症する可能性は約50%、両親共にワキガの場合は子供に発症する確率は約80%と言われています。ですから、この確率を考えると、かなり高い確率でワキガになる可能性が高いという事が分かります。

 

 

発症する時期ですが、両親がワキガになった時期と重なるか、思春期の時期に多いと言われています。日本人の場合は、9歳から13歳くらいの年齢になります。一番多感な時期にワキガになるという事になります。嫌でもこの現実は受け入れないといけない時期が来るのです。

 

 

後天的なワキガ発症の場合

 

親がワキガでない場合でも、ワキガになる可能性は少ないですがあります。後天的なワキガの場合でも、遺伝によるものが殆どです。でも、生まれつきワキガという人は意外と少ないんです。親と同じワキガ体質を持っている人が何らかの原因によって、ある日突然体臭が気になるようになることもあります。

 

 

それでも、ワキガを発症する時期は、ホルモンバランスが崩れやすい、思春期に発症することが多くなります。特にアポクリン腺の成長が活発になるのは第二次性徴の時期になので、この大体9歳から13歳から発症することが多くなると言われています。

 

 

この時期と言うのは、男性であればヒゲが生える頃、女性であれば生理が始まる頃ですが、その頃にワキガが発症する確率が高まります。逆に女性の場合は閉経とともに、ワキガの匂いがグッと少なくなることもあります。また、思春期を過ぎても、ストレスによってワキガが発症するということもあります。

 

 

ただし、アポクリン腺が成長するのは、19歳、20歳までと考えて良いようです。遺伝はどうにもならないことですが、ある意味一番近い関係の人がワキガの経験者であり、いろいろなアドバイスをしてもらえる心強さもあります。デオドラントの方法や手術などについても、親と相談することができるのではないでしょうか。

 

 

どちらにしても、しっかり前向きに対処することで、ワキガの悩みから解放されることもできます。ただし徹底的に改善するための手術を行うのは、20歳以上になってアポクリン腺の成長が終ってからがおすすめです。但し、ワキガ手術の場合は、多少のリスクと費用が高くなります。

 

 

⇒詳しくはコチラ

 

 

それまでは匂いを軽減するようなデオドラントアイテムなどを使って、上手に付き合うようにしましょう。

 

 

酷くなる前にわきがワキガクリームで対策を万全に!

 

ワキガクリームを使う際の大切なポイントは、わきがが重度になる前にケアをしておくことに尽きます。何事も早めに対処しておいた方が後々いいですからね。最近では汗を抑えて匂いの原因菌を殺菌し、強い脱臭作用のあるクリームも販売されています。

 

>>TOPページのワキガクリームのランキングを見る

 

 

思春期を過ぎて急にワキガになったときには、日常生活を見直し、ストレスが溜まっていないかなどをチェックしてみましょう。

 

 

ストレスを解消することができるようになったらワキガが治ったという場合や、ダイエットをして食事の内容を見直したらワキガのニオイがなくなったという事もあります。防臭対策とともに、生活面の見直しも大切かも知れません。

 

 

 

ワキガのニオイを消すならクリアネオかデオシークがおすすめ!

           クリアネオ
クリアネオ

殺菌成分と制汗成分をW配合して臭いをシャットアウト。わきがの原因である菌と汗をしっかりと抑えてくれるワキガクリーム。ニオイケア商品No.1商品

           デオシーク
デオシーク

制汗、抑臭、殺菌のトリプルステップでデオドラント効果を徹底。保湿成分を配合する事により、お肌の乾燥を防ぎ、しっかり潤うスキンケアを実現。

 

両方とも全額返金保証があるので、市販薬で迷った時は是非試してみて下さいね。

 

トップページに戻る

page top