ワキガ 手術 保険 金額

ワキガの手術って保険が適用されるの?自費ならいくらかかる?手術の方法ってどれくらいある?

ワキガの手術

 

ワキガで悩んでいる人にとっては、場合によっては手術も選択肢の一つになるかもしれません。そこで、今回はワキガの保険適用や保険を適用される基準等についてお伝えしていきます。

 

 

体臭の問題ってすっごくデリケートな問題だと思います。私の知り合いのお子さんは、生まれつき体臭がきつくてそれを本人も分かっていたそうです。

 

 

それで、小学校に上がって高学年になった時に、体臭が原因でいじめられるようになったと言う事です。また、社会人になってからでも、体臭が原因で社内で評判になってそれが原因で会社に行かなくなったと言う話も聞いたことがあります。

 

 

本当に今の世の中何が原因でいじめが起こるか分からないですね。私もそうでしたが、長年体臭に関する悩みを抱えていると、それが精神的なダメージになってしまう場合もあります。

 

 

精神的に疲れてしまって、それが元で引きこもりになったりする場合もあります。かと言ってくよくよ悩んでばかりいても何の解決にもならないのです。ですから、重度のワキガの場合は手術という方法も選択肢の一つと考えておいた方がいいという事なんです。

 

 

しかし、手術を選択肢の一つとして考える場合であっても、手術費用の問題やどんな手術方法なのか?あるいはリスクはないのか?などを知っておく必要はあります。

 

 

それでは、早速ですが、ワキガの手術の保険適用についてお伝えしていきます。また、ワキガ手術が保険適用となるにはどのような条件が必要なのか、またその金額などについてご紹介していきます。

 

 

ワキガを治す手術と値段について

ワキガとアポクリン腺

 

当サイトで何度かお伝えしていますが、ワキガの匂いの原因というのは「アポクリン腺」という汗腺から出る汗が原因です。この汗腺から出る汗のニオイがキツくなり、ワキガを発症してしまいます。このアポクリン腺は日常生活では増減する事はありません。

 

 

ですから、汗の量を減らす為に手術によって汗腺の量を減らすと言う事です。ワキガの手術で一般的に行われるのは「剪除法」と呼ばれる手術方法です。

 

 

この手術方法は保険が適用されないと約30万円ほどの手術費用がかかります。保険適用となれば大体の額ですが、3万円〜5万円の範囲で済むと言われています。

 

 

この剪除法の特徴は、直接汗腺を切除する為に確実にワキガの症状を軽減する事が出来るというメリットがあります。そしてワキガの再発の可能性も低いと言うのも特徴です。

 

 

但し、前述したように保険が適用されなければ費用が30万円ほどかかります。少しでも手術費用を軽くする為にも、保険を適用させる為の方法を知っておかねばなりません。

 

 

ワキガ手術が保険適用になるための必要な条件って何?

条件

 

ワキガ手術を保険適用で行っているクリニックを調べる

 

まずは、ご自分が住んでいる地方で保険適用でワキガの手術を行っているクリニックを探す必要があります。色々な病院がありますから、病院によってはワキガ手術に保険適用を認めていない病院も中にはあります。

 

 

特に美容外科や美容クリニックなどではワキガ手術を自由診療(保険の適用がされない診療)でのみ行っている場合もあるため、手術の値段や保険適用について受診前に確認しておくことが大切です。

 

 

どのような手術方法が保険適用であるのかを事前にクリニックに確認する。

 

ワキガの手術方法には前述した剪除法の他にも、傷口が小さくて済む「吸引法」や皮膚を切らないで出来る「マイクロウェーブ法(ミラドライ法)」などの手術方法があります。

 

 

その中でも最も一般的な手術方法が「剪除法」という事です。そしてクリニックによって剪除法は保険適用できるが、吸引法は保険適用外という場合も珍しくありません。

 

 

それぞれの手術のメリットやデメリットを良く考えた上で、どのような手術が保険適用となるのか?をしっかり事前に確認しておきましょう。

 

 

ドクターがワキガ症状を認めるかどうか。

 

手術に踏み切った場合に、行いたい手術の保険適用が可能な病院であっても、ワキガであると医師に認められなければ手術に保険を使うことができません。これがワキガ手術の保険適応において、一番重要な条件です。

 

 

ドクターによるワキガの判断というのは、大抵の場合はドクター本人の嗅覚によって行われています。ですから、同じ症状であっても診察を受けるクリニックやドクターによって見解が違うケースもあるという事を知っておきましょう。

 

 

ここまでワキガの手術の種類や方法、そして保険適用になるかどうかの基準等についてお伝えしてきました。ただどんな手術であってもリスクは伴うと言う事です。

 

私は体や精神的なリスクを取るよりも、まずはワキガクリームを試してみるという方法をオススメしています。今はワキガクリームも、色々な種類のものが販売されています。そして金銭的なリスクも殆どないに等しいものが増えています。

 

 

どういう事かと言うと、返金保証があったり、初回だけで解約出来たり、最後まで使い切っても返金に応じてくれる等、ユーザー第一主義を取っている会社も増えているという現実です。

 

 

そういう状況を上手く活用していきたいですね。毎月多少の出費はあっても、それでニオイの悩みから解放されるなら私は安いものだと思っています。手術を考えている場合であっても、自分に一番合った方法をよく検討してワキガの悩みを解決していきたいですね。

 

申し込みボタン

 

 

page top