市販 薬 デオドラント商品 種類 脇汗対策

市販のデオドラント商品の種類と脇汗対策について

街中のドラッグストやコンビニエンスストアにおいて発売されているワキガ対策グッズは、従来の商品と比較すると格段に制汗力も上がり、消臭力も強化されています。 商品のラインナップも増加してきており、「シートタイプ」「スプレータイプ」「ロールオンタイプ」「ステックタイプ」「クリームタイプ」とそれぞれの目的にフィットしたバリエーション豊富なラインナップになっています。

 

 

これだけのラインナップがあると、ラインナップ毎に商品もある訳ですから、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 そこで、市販のワキガ対策グッズのタイプを詳しくお伝えしていきます。

 

@シートタイプ

 

シートタイプの制汗剤

 

汗を拭き取るシートにアルコールや、ローションなどの制汗成分を含ませたものがシートタイプです。シートタイプを使うメリットは、外出する際に手間をかけることなく使えると言う点です。 特に繰り返し汗をかく人やあるいは営業など外で人と会うケースが多い方など、外出先に出かける場合が多い方などに普段から使われていると思います。

 

 

汗のベタつきや汗のニオイを迅速に除去したい時などに使うと便利です。ただアルコールが含まれている商品が多いので乾燥肌の方や敏感肌の方が使いすぎると肌トラブルを起こす場合があります。 また乾燥肌の方がシートタイプを使いすぎると、乾燥がひどくなり皮脂成分が活発になるので更に強烈なニオイが出る場合があります。

 

 

使い心地はヒンヤリしており体感温度を下げる事は出来ますが、あくまでも場当たり的なものです。制汗対策や長時間の消臭には向いていない商品です。 それと、これは大切な事ですが、ワキガのニオイは消臭出来ないという事は覚えておきましょう。あくまでも顔汗や脇汗の対策用グッズという認識を持つようにしましょう。

 

 

A被服にスプレーするタイプ

 

スプレータイプのの制汗剤

 

このタイプは体に直接スプレーするタイプではなくて、着ている被服にスプレーして体臭を消臭するスプレーです。 スーツやジャケット、あるいは夏場であればTシャツやポロシャツなど身に付けている服にひと吹きするだけで、瞬間的にニオイを消臭する事が出来ます。直接肌にかけないので、肌荒れ等の心配はありません。

 

 

ただ消臭の効果は持続しないのが一般的です。消臭の効果は低いためにこまめにスプレーする必要があります。また重度のワキガの消臭には効果がないと思った方がいいです。 私もたまにファブリーズなどを使う時がありますが、頻繁に使うものではありません。

 

 

何故なら、ワキガのニオイを瞬間的に消すことは出来ても間違った使い方をすると返ってニオイがキツくなるからです。 香りが付いている消臭剤は、ワキガと混ざると異臭になります。仕方なく使わないといけないケースでは無臭タイプのモノを選ぶようにして下さい。

 

 

Bパウダースプレータイプ

 

パウダースプレータイプのの制汗剤

 

一般的なスプレータイプは、香料が入ったものと無香料タイプがあります。香料が入ったものは、フローラル系がメインで女性向けのラインナップでしたが、最近は柑橘系のメンズ用のスプレーも発売されています。

 

 

消臭しながら、ほのかな香りをつける事で臭いを誤魔化すタイプです。制汗作用が期待できる成分をパウダーにすることで、肌に密着させ消臭と制汗を同時にしてくれます。 また、銀イオンは肌の表面をガードし、雑菌の繁殖を抑さえ、ニオイの元を抑止します。

 

 

しかし、わきがの強い人は、香料が混ざると臭いが強くなったりしますし、長時間ニオイを抑制できません。 軽度のワキガの方が使う場合は、無臭タイプのモノを選ぶようにして下さい。パウダースプレーならエイトフォーが有名ですね。 私も以前使ったことがありますが、何回もスプレーしないといけないので面倒だった事を覚えています。

 

 

Cロールオンタイプ

 

ロールオンタイプのの制汗剤

 

ロールオンタイプは、スプレーと違い、気になる部分にそのまま塗ることが出来ます。汗腺に念入りに塗る事が出来るので制汗効果も期待出来ます。 ワキガの場合は、今まで紹介してきたシートタイプやスプレータイプのモノより、肌に直接塗ることが出来るロールオンタイプが適しています。

 

 

出かける前に塗るとより効果を発揮します。 デメリットとしては、塗った後によく乾かしてから衣類を身に付ける必要があります。ですから急なお出かけや時間がない時などは適していないと言えます。 指に付けてから塗る必要がないので手が汚れずに濡れるというメリットはありますが、ロール部分が肌に触れるために雑菌が付着する可能性はあります。 肌が弱い方には不向きだと言えます。

 

 

Dスティックタイプ

 

スティックタイプのの制汗剤

 

スティックタイプとはどのような感じかと言うと、リップクリームのように、回転させると薬剤が出てくるタイプの商品です。一般的に言うとロールオンタイプよりも消臭効果が高いと言われています。 クリームを固めたようなものですから、手を汚さずに高い消臭効果が期待できます。

 

しかし、ロールオンタイプと同じように、肌に直接塗るので肌に触れるスティックの衛生面が気にかかる所です。 いくら消毒力や消臭力があったとしても、わきがに塗った部分をまた塗るのに抵抗がある人には不向きな商品と言えます。

 

 

Eクリームタイプ

 

クリームタイプのの制汗剤

 

指で擦り込む為に、ロールオンやスティックよりも気になる部分にしっかりと塗ることができます。市販の消臭剤の中ではもっとも効果が高いと言われています。 しかし、クリームタイプのため汗で流れたり、肌に直接クリームを塗布するのでベタつきを感じることはあります。

 

 

ベタベタするのが苦手という方には不向きな商品と言えます。 また、多汗症みたいに汗の量がハンパじゃない方にも不向きと言えます。市販のモノは質感がやや固めのモノが多く、クリームの伸びがないので、かなり多くの量を塗らないといけなくなります。 また、一回にたくさんの量を使うのでコスパが悪いというのもデメリットです。 質感はやや硬めで、伸びがないのもデメリットでしょう。

ワキガのニオイを消すならクリアネオかデオシークがおすすめ!

           クリアネオ
クリアネオ

殺菌成分と制汗成分をW配合して臭いをシャットアウト。わきがの原因である菌と汗をしっかりと抑えてくれるワキガクリーム。ニオイケア商品No.1商品

           デオシーク
デオシーク

制汗、抑臭、殺菌のトリプルステップでデオドラント効果を徹底。保湿成分を配合する事により、お肌の乾燥を防ぎ、しっかり潤うスキンケアを実現。

 

両方とも全額返金保証があるので、市販薬で迷った時は是非試してみて下さいね。

 

トップページに戻る

page top