クリアネオ 市販商品 比較

クリアネオと8×4を成分で比較してみた!効果の違いが明らかですね。

市販品と通販のデオドラントアイテムの違いって何?

 

このページでは、クリアネオとドラッグストアなど市販で販売されている商品を比較してみました。どんな人であっても肌には常駐菌が存在して、皮脂が発生しますし汗もかきます。皮脂が出る量や汗をかく量は個人差があります。しかし、ワキガの原因となるコリネバクテリウムという菌はその皮脂を食べることで悪臭を放つようになります。

 

ワキガを改善するには

 

  • コリネバクテリウムなどの臭い菌を殺菌する
  • 臭いを消臭する
  • 菌が繁殖しないよう保湿する
  • 菌が発生する原因でもある発汗を抑える

といった殺菌力・消臭力・保湿力・制汗力という四つの要素が必要になります。

 

 

ドラッグストアなどで市販されているデオドラント商品には保湿する成分が含まれていなかったり、制汗力が弱かったりするため、ワキガを改善するのは難しいと言えます。では、具体的にどこがどう違うのか、クリアネオと市販品である8×4を比較してみましょう。

 

 

市販品はドラッグストアなどで手軽にいつでも購入出来るのが最大の特徴であり、魅力です。ただ前述したように、ワキガのお手入れをしっかり行うためには保湿力や制汗力が不足していますね。

 

比 較 項 目

クリアネオ
クリアネオ

8×4ワキ汗EXロールオン
8×4

制汗成分 パラフェノールスルホン酸亜鉛 ACH(クロルヒドロキシアルミニウム
消臭成分

柿タンニン
シャクヤクエキス
チャエキス
クマザサエキス
ハマメリスエキス

なし
殺菌成分 イソプロピルメチルフェノール BGA(β-グリチルレチン酸)
保湿成分

ユキノシタエキス
プルーン酵素分解物
アルピニアカツマダイ種子エキス
ヒメフウロエキス

ジメチコン
無添加成分

香料
着色料
鉱物油
パラベン
石油系界面活性剤
紫外線吸収剤
オイル

なし

 

こうして比較してみるとクリアネオの方が圧倒的にワキガに有効な成分を配合していることが分かります。また、商品開発の段階から、無添加にこだわって作っているため、敏感肌などの肌トラブルを抱えている方でも安心して使うことができます。

 

ここで、再度、イソプロピルメチルフェノール」についてお伝えしておきますね。

 

注目成分「イソプロピルメチルフェノール」

 

この成分の一番大きな特徴は、菌の繁殖を抑え、抗真菌効果(防カビ効果)がある事です。この二つの効能はワキガを防ぐ為になくてはならない成分なのです。最近ではニキビケアにも効果があると言われており、ニキビケアの化粧品にも使われるようになっています。それほど殺菌力に優れた成分と言えます。

 

 

究極の選択!安くてそれなりの品質のものか、高くて高品質なものを選ぶか?結局どちらを選ぶかは使うユーザーの方です。そして表題にあるように安くてそれなりの品質の商品を選ぶのか?少々高くても高品質で効果が期待出来る商品を選ぶかになります。

 

 

一般的な価格としては通販で売られている商品は高いですし、それと比較するとドラッグストアなどで購入できる商品はお手頃価格になっています。しかし、実際に使った方の口コミなどからも分かるように市販の商品は安く手に入る代わりに、効果もそれなりということになります。

 

 

どちらを選ぶかは、ユーザー次第なのですが、元々体臭やワキガ臭がそれほど強くない人であれば市販品のアイテムでも十分だと思います。しかし、本気でワキガのお手入れをしたいという人であれば有効成分を多く配合した高品質なアイテムを選ぶことをおすすめします。

 

 

例えばクリアネオであれば返金保証制度もあるため、もし肌に合わないといったトラブルがあった場合や、効果に満足できない場合は返金もしてもらえるのも魅力の1つです。

 

クリアネオの体験談はコチラ

 

 

ワキガのニオイを消すならクリアネオかデオシークがおすすめ!

           クリアネオ
クリアネオ

殺菌成分と制汗成分をW配合して臭いをシャットアウト。わきがの原因である菌と汗をしっかりと抑えてくれるワキガクリーム。ニオイケア商品No.1商品

           デオシーク
デオシーク

制汗、抑臭、殺菌のトリプルステップでデオドラント効果を徹底。保湿成分を配合する事により、お肌の乾燥を防ぎ、しっかり潤うスキンケアを実現。

 

両方とも全額返金保証があるので、市販薬で迷った時は是非試してみて下さいね。

 

トップページに戻る

page top